Page: 2/59  << >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | | - | - | pookmark |
電工日記1

みなさん 初めまして電気工事業を営んでいますしょうちゃんです
日々個人のお宅や工事現場に仕事にでかけています

この仕事には高校を卒業した18歳からつきかれこれ20数年です
自分でゆうのもなんですが よくここまでやってこれたな
なんて思います

これからぼくの日々の現場であった出来事や事件や事故を
おもしろおかしくつづっていこうと思います
あんがい工事現場ではたらく人達はおもしろい人が多いです

よく他の人からは 工事現場て恐そうとか怒られそうとか
いわれますが 中に居る人はそんなことなく けっこう仲間内で
わきあいあいと仕事してます

ただ肉体労働なので仕事中話掛けられたり 手を止められたり
すると怒る人はいますし 怪我をしやすいので嫌がる人もいて
無口に黙々と仕事をこなしていく人もいます

そんな姿が恐そうと思うのかもしれません
そういったイメージをこわしながら書いていきます
それでは
| 4410275649 | 15:53 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
電工日記2
みなさん今日は前回につづきパート2です
今回は電気屋さんとしてよく間違われることを書きたいと思います

まず電気工事をメインにしている工事店さんは どちらかとゆうと
職人業の人が多いです 現場へ出てはたらいています

現場といっても主にマンションや工場などの規模の大きいげんばと
木造建築の住宅や店舗といった規模の小さな現場があります

ぼくは木造建築を主体としたいわゆる町屋とよばれる工務店さから
仕事のいらいを請け 新築や増改築の工事をさせていただきます
そこで新築現場の一連の流れを簡単に説明しますと

まず大工さんが骨組みを立て ぼくたちが仕込みの工事をし
内装業の方が仕上げをし ぼくたちが仕上げをする

簡単すぎる説明ですが その工程の中でお客さんいわゆる
お施主さんと何回も うちあわせや場合によってはショウルームへ
案内し商品の説明やアドバイスをします

建築途中の現場ですることもありますし 仮住まいされてる
お宅に伺うこともあります そうして完成した新築に移られた
後も 照明やエアコン・家電と工事現場以外の仕事が発生します

そこで現場の人間は工事が主体なため 昨今の進化した家電や
パソコンあるいは携帯電話など 事細かなより詳しい知識が
いるのですが分からないのです しかしお施主さんは

そこにいたるまでの ぼくとの関係上なんでも聞いてこられ
電気屋だから電気の事はなんでも知っていると 思っておられます
しかし何でも知っているわけではないし 出来る分でもないですが


知りません とはいえませんよね そこが勘違いされてしかし
何とかしないといけない なんともこまるところなのです
まあ日々精進しかありませんが


それでは 
| 4410275649 | 17:37 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
電工日記3
みなさん今日は前回電気屋さんとしてよく間違われることを
書きましたが工事主体と家電販売主体の電気屋さんがいるとゆうことです


そして 同じ工事主体でもう一つ間違われる 電気屋さんがいます
厳密に言えば電気屋さんではないですが 電力会社の工事部門の職人さんです
よく電柱に登ったり バケット車で高い所の電線や部品を交換したり
点検したりされてる方達です


たださすがに電力会社の方たちは 統一されたおなじ服にヘルメット
胸には会社のロゴで統一されてますので
工事や人として間違われることは無いのですが
電気料金や公共の街灯などのことで聞かれたりします


あながち間違いではないのです お客さんの要望を聞き
電力会社に伝える窓口として 活動したりもします
でも 間違われる方は僕たちに言えば 僕たちが料金設定や
工事のやり直しなどをすると思われている方もいるのです


まあ このような場合は説明すればすぐに分かってもらえるので
前回のように 困ることは無いのですが 実はこういった事が
詐欺などの口実に使われたりしています
この事はいずれ詳しく書いて行きたいと思います


さて 間違われる事を書いてきましたがこれは現場の中の工事とは
いささか 関係の無い話でしたが 次回からは
現場の話をして行きたいと思います

それでは
| 4410275649 | 17:39 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
電工日記4
みなさんこんにちは しょうちゃんです今日は現場でぼくたちが日ごろ
気をつけていることをお話します まずはなんと言っても事故・怪我
です ぼくは入りたてのころ親方にまず一番に言われたのが
怪我は自分持ちやで とゆう言葉です

ぼくたち職人業の親方に雇われている人達の 給料形態は 日給月給
(にっきゅうげっきゅう)といい 日給*日数=月給なんです だから
怪我をして休めば それだけその月の手取りが減ります 又雇用形態も
個人契約となるため 保険なども自分持ちです

それに現場はやはり危険がおおいので 大きな怪我をされるかたも
折られます 場合によっては再起不能や最悪のケースもありますし
そのような場合現場自体が事故現場になり 工事がストップします
大手元請がもっとも嫌い その後仕事をさしてもらえなくなることも
あります

それから物を壊すような事故 これも気を使います 特に仕上げ段階に入ると
扱う物が材料から商品へと変わっていきます 建築現場で扱う商品の中には高額な物も多く壊すと大変ですし 建物にも傷をつけてしまいますので
特に若い新人などは緊張もするし 親方連中も注意します

ぼくが働き始めたころはまだまだ昔気質が残る親方や職人の世界で
人の怪我や事故より 商品や建物への傷或は道具に注意がなされてましたが
今わ人への配慮が多くなってます 特に事故には売るさくなってます

ぼく自身は大きな怪我は無く今まで来てますが 商品の事故は
けっこう多く高い物では 80万程するシャンデリアを 落としたり
10万円相当の工事費が発生するような 建物への事故など
経験してます 

こんな事かくとこれを読んでいる方は ええ そんなことしたら工事代
赤字ちゃうのん と思われるでしょうが小さな事故は現場に付き物で
そのための保険を現場ごとや 格お店ごとに入っています

同じ電気屋仲間で 屋根の上でアンテナ工事をしていて 道具を落と

下に止まっていた車にぶつけた方がいました 勿論保険には入って
おられましたが ぶつけた車がベンツでこわい系の方だったようで
謝りに行くのが大変だったようです 
怪我や事故は起こらないのに越したことが良いのですがなかなです

それでは
| 4410275649 | 14:22 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
電工日記5
みなさんこんには またまた怪我や事故の話ですパート2
今回は電気屋ならではの怪我を書きます それはずばり
感電です これは電気屋の職人をしてる人で 感電したこと無い
なんて人はいないです

絶対付いて回ることなんです ですから割と慣れてくると平気で
生きた線(電気が流れている状態)を素手でも触ります

ここで電気の豆知識ですが

家庭用の電気の電圧は100V(ボルト)と200Vが有り小規模の
工場や店舗に動力200Vと3種類の低圧電圧があります
これがぼくたちが扱う電気の種類なんですが

これが まともに触れば痙攣を起こしたようにビリビリビリときます
へたをすると心臓の弱い人やお年寄りなどであれば 非常に
危険です 成人者でも電気が心臓を通ると危険だし 電気に
架かったあと 動悸が激しくつづきます

しかしぼくたち電気屋は案外平気なのですなぜか それは
感電しても電気の触り方を知ってるからだと思います
それと やはりなれだと思います ただこれは低圧の電圧だけです
高圧電圧では それこそ大怪我しますし命に関わります

そろそろお正月ですが 凧揚げなどで電柱の電線に引っかった
時などは 自分で取ろうなどとはせず
電力会社に言ってください

それでは
| 4410275649 | 16:37 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
マンションで
みなさんこんにちは 今日もある日の現場でのお話です
 
その日は新築のマンションの工事現場での仕事でした ぼくの仕事は
各部屋の室内の配線工事です このような大きな現場は元請はゼネコンで
その下に各業種のある程度の規模の下請けさんがいて 職人を手配します
しかし1人2人で出来るような規模では無いため職人が職人をよび

ある程度の人数で仕事を細分化し作業を進めていきます
その時のぼくのたちばではゼネコンが1次とするとぼくは4次となります
そして声をかけていただいたかたはマンション全体の電気工事を
請負その中の各部屋の工事をぼくが請負う形です

のちろん大きなたて物ですから工期も半年から1年と長く
現場に入りだすと毎日その現場に入ります 毎日とゆうことは
仕事に あふれないので安定するのですこのような現場を長場と
いい

専属でやられる方や専属の親方に付き応援といい自分の都合の合う時
だけ現場に来る方や又は学生のアルバイトなど
さまざまな方が数多く働いています 規模にもよりますが毎日数100人が
一つの現場で働きます みな業種も違えば立場も違うので色々な

トラブルが日常茶飯事に起こります 今回のお話はそんな中で起こった
お話です が ここまで説明が長くなったので次回に持ち越します

つづく

| 4410275649 | 14:40 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
マンションで2
みなさんこんにちは 前回のつづきです

そのマンションは12階だての1階がテナントで3階から上が分譲の
1フロワー7件1件が4LDKのマンションでした6階部分まで
立ち上がっていた時です ある日の朝大きな地震に見舞われました

そうです あの阪神淡路大震災です 地震をうけて朝早い目に家を
出て現場に向かいました その現場は京都市内だったので
現場自体の被害はすくなく 朝早かったため怪我人もいなかったのですが

道路が込んでとゆうよりマヒした状態で動かずその日現場に着いたのは
昼を回りました 当然ぼくが仕事をもらっている親方さんもいそいで
現場に駆けつけ仕事に影響することはないか見て回り
被害を確認し元請さんに報告します

他の業者さんも同じですそして終わっている箇所っでやり直しを
する箇所や当分現場へ来るのに道路事情を考えると作業時間が著しく
短くならざるをえず 現場の進行が遅れるなどさまざまな問題が出てきました

勿論天災です誰も悪くは無いのですが費用が発生します契約の問題も
有りますただ被害が少なかった事でみな前向きに進めました
しかし ドンすればキュウす でこの後天災が人災に変わっていきます

まず神戸の被害がニュースで知らされ被害の大きさが伝わると電気
ガス・水道のいわゆるライフラインを確保するためさまざまな機関
から
ボランティアの要請が来て半強制で神戸に向かう人が出てきました
特にガスやさんは大阪ガスからの要請で現場をはなれざるをえない

人が続出しタダでさえ遅れた現場はさらに遅れていきました
そうした中まってられるかと工事を進める大工さんや左官さんが
ガス管が仕込まれていないのに天井や壁・床を仕上げていきその後を
また壊して仕込みをするとゆう悪循環がでてきました

そうなると現場の雰囲気も悪くなり みながギスギスしていきました

つづく
| 4410275649 | 14:51 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
マンションで2
みなさんこんにちは 前回のつづきです

そのマンションは12階だての1階がテナントで3階から上が分譲の
1フロワー7件1件が4LDKのマンションでした6階部分まで
立ち上がっていた時です ある日の朝大きな地震に見舞われました

そうです あの阪神淡路大震災です 地震をうけて朝早い目に家を
出て現場に向かいました その現場は京都市内だったので
現場自体の被害はすくなく 朝早かったため怪我人もいなかったのですが

道路が込んでとゆうよりマヒした状態で動かずその日現場に着いたのは
昼を回りました 当然ぼくが仕事をもらっている親方さんもいそいで
現場に駆けつけ仕事に影響することはないか見て回り
被害を確認し元請さんに報告します

他の業者さんも同じですそして終わっている箇所っでやり直しを
する箇所や当分現場へ来るのに道路事情を考えると作業時間が著しく
短くならざるをえず 現場の進行が遅れるなどさまざまな問題が出てきました

勿論天災です誰も悪くは無いのですが費用が発生します契約の問題も
有りますただ被害が少なかった事でみな前向きに進めました
しかし ドンすればキュウす でこの後天災が人災に変わっていきます

まず神戸の被害がニュースで知らされ被害の大きさが伝わると電気
ガス・水道のいわゆるライフラインを確保するためさまざまな機関
から
ボランティアの要請が来て半強制で神戸に向かう人が出てきました
特にガスやさんは大阪ガスからの要請で現場をはなれざるをえない

人が続出しタダでさえ遅れた現場はさらに遅れていきました
そうした中まってられるかと工事を進める大工さんや左官さんが
ガス管が仕込まれていないのに天井や壁・床を仕上げていきその後を
また壊して仕込みをするとゆう悪循環がでてきました

そうなると現場の雰囲気も悪くなり みながギスギスしていきました

つづく
| 4410275649 | 14:56 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

クリックテクス

スポンサードリンク

     

Sponsored Links

Search

Entry

Comment

Archives

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode