スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | | - | - | pookmark |
Entry: main  << >>
クリスマスの夜中に3
みなさんこんにちは 今日も昨日のつづきです

****さんの店を工事する日になりました 今回の工事は電気工事だけ
なのでぼく一人だけが店に行けばいいのですが 社長も顔だけだすから
とゆうことで 社長の家に夜8時にうかがい9時に****さんの店に行き
****さんに晩御飯をよばれ時間が来るのを待ちました

店のスタッフが閉店後手際よくかたずけたので11時前には仕事に
かかりだせ12時ごろに社長と****さんは2人でどこかに消えられ
その後ぼくと店のスタッフさん2人の3人で 仕事をつづけました

ちょと仕事の内容を説明しますと 電気の容量を上げるため分電盤を
大きな物に取替え メーターから盤までの線を太い線に張り替えます
そうして盤に増えた容量の回路から 必要な場所まで個々に
コンセントや照明の線を張ります 作業自体は難しくないのですが

天井裏を点検口からのぞき込みながら線をはわすので すこしづつ
しかすすみません またそこのお店はビルの4階のテナントで
車も少し離れた場所にとめているため 材料や商品の持ち運びが
大変でした

やがて仕事は終わりかたずけを終え こんどは自分の道具を車に運び
ました 運ぶのも1回では運べず店と車を何回か行き要約終えました
時計を見ると朝6時でまだ薄暗かったです そのとき後ろから
おっちゃん と声をかけられ振り返ると

若いどう見ても中学生ぐらいに見える少し小汚い女の子 

私お腹すいたのシャワーもしたい おっちゃんつれてって と
ゆうのです 聞くともう2日も食べてないしお風呂も入ってない
とのこと ぼくは心で これか〜〜〜と思い 仕事も終わりかえるだけなので

変にわくわくしてしまいました が しかしぼくはその時結婚を
3ヶ月後に控えていたのでした なのでその子に千円だけあげて 
その場を立ち去りました 帰りの車でこんなことが自分の身に

本当に起こるなんてと思いながらも よく考えると恐ろしいと思い
いつまでも忘れない体験となりました
後日社長に話すと な本間やろ考えられんやろ しかしお前もし
いってたらつかまるかもしれんで といわれ ゾッとしました
ながい話でしたが これで終わりです

それでは
| 4410275649 | 14:24 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | 14:24 | - | - | pookmark |
Comment








Trackback

クリックテクス

スポンサードリンク

     

Sponsored Links

Search

Entry

Comment

Archives

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode