スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | | - | - | pookmark |
Entry: main  << >>
季節はずれの身も凍るような事故2


みなさんこんにちは  今日は前回のつづきです



 



とにかくあせりながらも救急車の手配をするべく大工さんは携帯電話で電話をかけました



もしもし救急車をお願いします すると電話の向こうからは 怪我か病気か如何したのか



 



場所はどこか など色々聞き返してきます すると大工さんはその返事に



怪我や鉄砲で頭を撃ってしもうたんや 場所は用わからん 大体の住所は*****



そこの新築住宅の工事現場や 横に居たぼくはもう少しだけ細かい住所を知っていたので



 



**丁目の**と横から大工さんに言いました この時の電話での会話をぼくたちは



なんらおかしな会話ではなく なんとも思っていなかったのですが ほどなくして



先に現場に来たのはパトカーです もちろん救急車も来ましたが



 



音を聞いたぼくは表に出て待つと パトカーからおまわりさんが両手を挙げて と



言いました ぼくは なんのこっちゃ と言いながら 早よしてや と言いました



様子を見て おまわりさんがパトカーから降りて来て言いました



 



鉄砲で撃たれた人は建物の中か 犯人も中に居るのか あなたは大丈夫か



ぼくは はっと気がつき完全に誤解されていると気ずきました そうです電話での



やり取りの鉄砲で撃つといったことが もしかして犯罪の可能性があると取られたのです



 



119から110に連絡が行ったのでしょう とはいえ すぐに説明をし奥さんを乗せ



大工さんも付き添いで救急車は病院へ向かいました のこったぼくは おまわりさんに



状況を説明して工務店にも連絡をし 犯罪では無い事が解って貰えたので現場を



かたずけ大工さんに連絡を取りました 



 



このような事故の場合すぐ仕事を進められない場合があります 工務店の判断を



待たなくてはいけないので ぼくはその日はそこで現場をおきました



 



次の日大工さんから連絡が入り 奇跡的に奥さんは助かったと言われ 話を聞くと



なんでも釘がナナメに刺さり そのおかげで脳には届かず障害どころか1週間で



 



退院出来ると たいそう喜ばれ何度もお礼を言われました 工務店からも連絡が



入り現場をすぐ解除するので続きの作業を大至急進めるように と言われました



 



その後無事その現場は終わりましたが 又大工さんや奥さんとも現場で一緒に



仕事が出来るようになり 今となっては おわらい話になってます



 



それでは

| 4410275649 | 15:38 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | 15:38 | - | - | pookmark |
Comment








Trackback

クリックテクス

スポンサードリンク

     

Sponsored Links

Search

Entry

Comment

Archives

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode